人材育成への取り組み

未来を切り開く人材を育てていく。

これまでも、これからも、芝寿しの未来を形作っているのは、会社を支えている「人」です。その思いと情熱こそが芝寿しの原動力であり、新たな道を切り開いていきます。

朝礼

毎日の朝礼では、当日の製造計画と注意事項を確認します。個々の健康状態や着衣の乱れがないことを再度確認したあとに作業を始めます。また、“職場の教養”<(社)倫理研究所発行>を使い、社員一人一人の向上に取り組んでいます。芝寿しでは、心も体も健康な社員でなければ、安心・安全で健康な商品を作ることはできないと考えます。

社内研修

成果発表会

毎月、全社員がそれぞれの仕事の成果やチャレンジ内容を発表します。これによりプレゼンテーション能力の向上、自然型人財の育成を目指します。

外部講師を招いての研修

外部講師を招いてのスピーチ研修、リーダーシップ、スキルアップ研修など、人間力・仕事力向上のための研修を行っています。

ブラザー制度

弊社では、新入社員の育成システムとして「ブラザー制度」を採用しています。これは、6カ月間、専任の先輩社員(ブラザー)が新入社員の指導役となり、社会人としてのマナーや考え方、芝寿しの一員としての心構えなどを教え、個別に目標を決めて二人三脚で達成を目指します。時には、プライベートの悩みも聞く頼れる先輩として新入社員を見守ります。

ページトップへ