地域貢献・社会貢献

地域とともに歩む企業でありたい。

芝寿しには、地域社会の一翼を担う責務があります。地域に根差し、愛される企業であり続けるために、地域貢献を積極的に推進し、社会に新しい価値を提供していきます。

田植え・稲刈り体験教室

米作りの大変さと米の大切さを伝える

田植え・稲刈り体験教室は、平成19(2007)年から社員教育の一環として始まりました。社員一人一人が米作りの大変さと米の大切さを理解することで、米に対する感謝の気持ちを醸成していこうという目的があります。農事組合法人・北辰農産の協力の下、白山市行町の水田で稲を育てています。現在では、店で公募した一般の方々も参加し、「ごはん文化」を伝えるイベントに成長しています。イベント当日は、田植えや稲刈りを体験するほか、釜で炊いた米で握ったおにぎりや豚汁、芝寿し特製のおかずが振る舞われます。

笹寿しづくり体験教室

子供たちが地域の企業に理解を深め「ごはん文化」の大切さに触れる

笹寿しづくり体験教室は、金沢市内の小学生を対象に平成17(2005)年からスタートし、現在までに約30校で実施しています。子供たちに地域の企業を知ってもらう機会を設けるとともに、「ごはん文化」の大切さを理解するきっかけにしてほしいという目的があります。教室では、木枠にごはんを敷き詰めて具材を並べてから押寿しにし、切り分けた寿しを笹でくるんで帯を巻くまでの笹寿しの製造工程を体験できます。子供たちだけでなく、保護者の方も参加することがあり、でき立ての笹寿しが食べられるとして人気があります。

インターンシップ制度

社会の流通の仕組みを学び学生の「仕事観」の形成に一役

弊社では、世の中に流通している商品が「たくさんの人々の手によって、いかに作られているか」を知ってもらう機会として、地元の中学生、高校生を対象に企業体験を受け入れています。企業体験では、実際の商品ができるまでの過程を見学するとともに、食品づくりで最も重要な衛生管理についても理解を深めます。また、弊社社員との交流を通じて、社会人としての基本である“あいさつ”や、円滑に仕事を進める上で欠かせない“コミュニケーション能力”の大切さを学ぶことで、学生の「仕事観」の形成を図ります。

ページトップへ