芝寿し物語

「もったいない」の精神から産まれた、お寿司屋

終戦後の混乱がようやくおさまりかけた昭和30年、金沢の中心部・片町にあった電機メーカー・東芝のショールームから芝寿しの物語は始まります。
当時、このショールームを経営していたのが、芝寿しの創業者 梶谷忠司。
ほとんどの家庭が釜でご飯を炊いていた時代に、彼は発売されたばかりの電気炊飯器でじっさいにご飯を炊いてみせ、人々の目をひきつけました。
このアイデアは大当たり。炊飯器は飛ぶように売れました。しかし、実演で大量に炊けたご飯があまる。“ああ、もったいない”捨てずにどう活用すればよいか。という新たな問題が生まれました。そこで、冷めても美味しくご飯を食べられる方法として「寿司」という発想にいたりました。金沢には昔から祭りなど“ハレの日”には「押し寿し」をつくり周囲にふるまう風習があります。この寿司をアレンジし、売り出したところ、これが評判を呼び、日を追うごとに人気は高まっていきました。昭和33年には社名を「芝寿し」とし、創業。
本格的な販売、宣伝を開始しました。現在ある代表商品“笹寿し”も創業者 梶谷忠司のひらめきから産まれました。白山ひめ神社の参道に売られていた笹餅をヒントに、餅をご飯に置き換えたのが始まりです。以降も柔軟な発想はヒット商品を次々と生み出し、斬新な経営戦略で築き上げて参りました。

当時販売した東芝の電気炊飯器

創業当時の写真

炊飯器を販売していた当時の東芝ショールーム店内

将来ビジョン

金沢の文化である押し寿しを通して、北陸のみならず全国・全世界へ感動を提供する。

芝寿しは昭和33年に創業して以来、北陸3県に根を張り、地歩を固めていきました。 2代目社長(現会長)、3代目社長と代替わりした芝寿し。多くの人の支えの中で、冷凍米飯という革新的な技術を得ることができました。この技術を筆頭に日本全国ひいては金沢の押し寿しを引き続き提供するとともに、「こんなに美味しい寿司があったのか」という“感動”を全国・世界へとお届けします。さらに、私達の使命は「ごはん文化」を後世に伝えていくことであると考え、「芝寿しの郷」という日本人の食文化の継承に繋げる施設も建設予定です。

「芝寿しの郷」のイメージ

ページトップへ